お風呂で体を洗う石鹸には?

 

胸ニキビがあるなら、肌を清潔に保つ必要があります。これはニキビ対策には欠かせないことです。汚れを落とさなければならないからといって、お風呂でゴシゴシ体を擦ったり、洗浄力のついよいボディソープを使ったりしても、ニキビの改善にはよくありません。適切なケアが、ニキビのない綺麗な肌を作るのです。

 

ニキビケアの石鹸はたくさん販売されていますが、結構、お値段が高めの印象があります。高級アクネケア石鹸でなければ、ニキビの改善に役立たないと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

条件さえ揃えば、普通の石鹸でも問題はないのです!

ボディソープは駄目

入浴にはボディーシャンプーを使用している人もいます。しかし、たいていのボディーシャンプーは弱酸性をしていますが、これは汚れ落ちがよくありません。

 

ボディーシャンプーで体を洗うと、シャワーを浴びても体に何か残っているような感覚を覚えることがあります。これは、保湿剤などが配合されているためで、お湯では洗い流されずに肌に残っているのです。

 

ニキビを改善するためには、毛穴に詰まっている皮脂や汗などの汚れを落とすことが大切
しかし、洗浄力弱いボディーシャンプーを使い洗い流されない保湿剤などが毛穴に詰まってしまうと効果はなくなってしまいます。

 

入浴中は体が温まって毛穴も開いています。毛穴を綺麗に洗うには絶好の機会ですが、同時にせっかく汚れを取り除いたところに、他の物質が入り込みやすいということでもあるのです。

弱アルカリ性の石鹸

入浴時のニキビケアには、弱アルカリ性の石鹸を使いましょう。高級石鹸ではなくても、100円ショップの石鹸でも支障はありません。あまり余計な成分の入っていないシンプルな石鹸を

十分に泡立て

 

体を撫でるように

 

 

洗ってください。こちらも100円ショップに売っている泡立てネットなどを使うと、楽にたくさんの泡を作ることができます。石鹸が残らないようによくシャワーを浴びて、お風呂から上がったら、しっかりと保湿をします。

 

入浴中には開いた毛穴から、水分が蒸発していきます。しっかりとした乾燥対策が、健康な肌をつくり、ニキビケアにもつながるのです。また、弱アルカリ性の石鹸を使うと、洗った直後は肌にツッパリ感があるかもしれませんが、心配はいりません。しばらくすると、肌は自然にもとの状態にもどります。

 

肌に優しく清潔を心がけても出来てしまったニキビは簡単には治りませんので…新たなニキビを出さないように心がける入浴法でした!

 

>>胸ニキビをキレイに治すケア方法

 

 

>>胸ニキビ跡を治す方法 TOP