ビタミンCの新たな効果、ニキビ跡にも効く?

ビタミンCは、体の中でマルチな活躍をします。

 

ガンや脳卒中などの病気の予防

 

免疫機能の向上

 

コラーゲンの生成促進

 

メラニンの抑制

 

アルコール分解の補助

 

などと、活動範囲は実に多岐にわたっています。

そんなビタミンCはニキビ跡の解消にも役立つといわれています。

ビタミンCはメラニン色素の生成を抑える作用をもっています。日焼けは紫外線を浴びることでメラニン色素が作られて肌が黒くなっていきます。健康な肌でしたら、肌のターンオーバーによって日に焼けた肌が剥がれ落ちていき白いきれいな肌と入れ替わります。

 

しかし傷つき弱った肌には、ターバンオーバーのリズムも崩れがちになり、自分で傷を治すことが出来なくなっています。つまり日焼けがいつまでも残ることになります。

 

ニキビ跡のある肌も日焼けと変らない

本来なら自分で修復できるはずが、あまりの傷つきようにできなくなっているのです。ビタミンCは日焼けのメラニンと同じようにニキビ跡の色素沈着にも干渉して、跡を残さないようにすることができます。

ビタミンCはコラーゲンの生成を助けます。コラーゲンは真皮で生成されて、瑞々しい肌を内側から支えています。肌の保湿に関与して、弾力やハリの源でもあります。このコラーゲンのおかげで丈夫な新しい皮膚が作られ、古い角質と入れ替わることができるのです。

 

ニキビの炎症が肌の奥まで到達していたら、その部分はデコボコに変形するほどのダメージを受けています。肌のターンオーバーによって修復するためには、大量のしっかりとしたコラーゲンが必要。ビタミンCを摂ることで、デコボコのニキビ跡もきれいにすることができるのです。

もう一つビタミンCの効果があります。それは皮脂の分泌を抑える作用!余分な皮脂が分泌されると毛穴につまり、アクネ菌の繁殖場所になります。そのままにしておくとドンドン酷くなり、次から次へとニキビができることになるのです。

 

ニキビ跡を残さないための最大のポイントはニキビそのものを出さない事

 

ビタミンCで皮脂の分泌を押さえるとニキビがでない健康な肌を作ることができるのです。

 

ビタミンCは果物や緑黄色野菜に豊富に含まれてて、食べ物から手軽に摂ることができますしサプリメントもあります。
また最近ではビタミンC誘導体の入ったコスメもあります。自分に合った方法で、ニキビ跡の改善にビタミンCを取り入れてみましょう。

 

 

>>胸ニキビをキレイに治すケア方法

 

 

>>胸ニキビ跡を治す方法 TOP