体にニキビが出来やすい人の特徴(外的要因編)

外的な要因について考えていきたいと思います。内的な要因は自覚がなくても、外的な要因についてはそれがわかれば改善がしやすいので、体にニキビができやすいな〜と心当たりの有る方は是非読んで参考にしてみてください。

 

入浴方法

 

ニキビ 入浴方法

「自分はお風呂でしっかり洗っている!自信があるのにニキビができるのよね・・・」そういう方、結構いますが皆さん何で洗っていますか?

 

こう聞くと、今流行のナイロンのタオルやスポンジだったりするんですよね。これはNG!!体の皮膚は思っている以上にデリケート。

 

ゴシゴシ洗って汚れが落ちるだろうという予想とは裏腹に刺激が強くて結局ニキビを増やす原因になってしまうのです。使うのは綿や絹などの天然素材のものが推奨です。

 

またボディソープは香りも良くて浴室も石鹸カスがでなくて便利なのは事実なのですが、こちらは界面活性剤が使われていることが殆ど。これは刺激が強く科学的なものなので、できれば普通の石鹸を選ぶと良いでしょう。

 

忙しいからといってお風呂はシャワーのみで済ませている人も要注意です。洗い流しが足りなかったり、どうしても代謝アップという点で、入浴するよりもニキビのリスクが上がってしまうからです。バスタブに入ることで血流がよくなりますよね。

 

毛穴もしっかり開いて汚れも浮き上がりますし。忙しくても少し工夫してバスタブに入る時間を作れると、ニキビを防ぐのにとっても良いのです。

 

着ている下着

 

着ている下着にも注目してみましょう。最近はデザイン重視で化繊のものが増えました。冬は保温性を高める薄くて軽いものが出回っていますが、体にニキビができやすい人はこれも刺激になってしまうのです。あれを着る時は、先ほどのタオルの時と同じく下着に綿や絹のものを着ると良いでしょう。

女性の場合もう一つ注意すべきはガードルなどで体型を補正している人。一般的に締め付けるものは通気性が悪く体のニキビを誘発します。スタイルが良くなってもニキビが増えて結局薄着になれない、水着が嫌だとなったら本末転倒です。

 

乾燥

 

乾燥についても書いておきましょう。冬以外にも春はバリア機能が落ちる時期。お肌は乾燥にさらされています。体にニキビができやすいと思う人は通年、お風呂あがりに保湿ケアをすると良いでしょう。

 

ニキビが出来てしまう方の保湿には「ジュエルレイン」 

 

ニキビ跡になっている方の保湿には「リプロスキン」を使用していく事で効果が期待できるものになりますよ!

 

 

>>胸ニキビをキレイに治すケア方法

 

 

>>胸ニキビ跡を治す方法 TOP